レッスンで改善できる3つのこと

レッスンを受けるときには、様々な理由があると思います。

この曲が演奏したい!

この曲をもっとよく表現したい!

全体的にレベルアップしたい!

なんとなくでやってきたけど、最近何か上手くいかない…

以上の理由は、主に3つのことを改善することで、少しずつ前進することが出来ます!

目次

1.楽器の吹き方

楽器を吹く基本的な要素は

・呼吸
・姿勢
・アンブシュア
・指使い

などの体の使い方を少しずつ学んで行くことで改善していきます。

人はそれぞれ骨格手の大きさ指の長さなどが違うので、それぞれの方に合った方法が必要です。
個人レッスンでは、それぞれのケースに沿った最適なアドバイスをご提案しています。

自分の指導経験からだけではなく、マスタークラス通訳で世界の有名プレイヤーから学んだ様々なアプローチをご提案出来ます。

2.楽譜の読み方

曲を演奏したときに上手くいかない原因は、楽譜の読み方が上手くいっていないことも多いです。

リズムが読めていない

リズムを理解することによって、演奏が劇的に変化します!

  • 音楽を表現するには、ただ単にリズムが合っているだけでは不十分です。
  1. 譜面通りにリズムを表現する
  2. そのリズムに相応しい音の出だし、切りを表現する
  3. フレーズの中でのリズムの意味を理解する

このように段階的に学んでいくことで、リズムが表現につながっていきます!

メトロノームは必需品です!メトロノームとアンサンブルする方法などをアドバイスします。

フレーズを読み取る

  • 音を並べるだけでは、きれいなフレーズ(メロディー)になりません
  1. 楽譜からフレーズを読み取る
  2. ブレスの位置を読み取る
  3. フレーズを、その音楽に沿った表現で演奏する

フレーズを読み取り、演奏するテクニックやイメージをアドバイスします!

音程・和音

  • 譜面に書かれている音程を全てチューナーで完璧に合わせる必要はありません!
  1. 楽器のキーごとの音程を知る
  2. 楽器や自分の音程の癖を知る
  3. 譜面に書かれている音程関係を演奏に活かす

音程は奥が深いですが、ハモリから学ぶのが近道だと思います。

  1. ハモリが合っているか合っていないかを聞く
  2. 様々な音程関係を聞く
  3. 実際に和音と共に演奏する

良い音程、良いハモリを作っていく方法をアドバイスします!

3.耳を育てる

音楽を演奏するときに一番大事なのが、音楽を聞くことです!

音色を良くしたい!

音色を作っているのは3つの要素です。

・頭の中の音のイメージ
・それを実現する演奏の方法
・音程(倍音)

頭の中の音のイメージというのは、

頭の中で鳴っている音=今まで聞いたことのある音

です。

音楽や話し声、自然の音など、あらゆる音の中にヒントがあります。

あなたの頭の中にある、良い音を引き出すアドバイスをします!

最後に

レッスンで改善できる3つのことをお届けしました。

3つのことは、実際は複雑に絡み合っていますが、その時の状況に応じた最適なアドバイスをしていきます。

状況に応じて、言うべきことと言わないでおくことをしっかり判断するのも講師の仕事ですね!

オンラインレッスンでも、この3つの要素に基づいてレッスンを行っています。

対面レッスンほど細かい部分は出来ませんが、多くの生徒さんは

細かい部分の前に大きな部分で変えたほうがよいことが多いです。

気になる方はお気軽にお問い合わせください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

音楽家、サックス奏者。
クラシックをベースに様々なジャンルを演奏。
音楽指導歴10年以上。
作曲や編曲、指揮も行っています!

目次
閉じる